TRPGサークル福楽会>>福島のTRPGを楽しくする会 WEB PAGE


福島県郡山市で毎月1回繰り広げられるアナログゲーマー達の集い。
このサイトはネット上での告知と宣伝活動スペースです。初見の人も歓迎。連絡や詳しい質問はこちらに どうぞ。

初めての方へ
☆トップ★初めての方へ★活動方針★掲示板★mixi福楽会 ★リンク

●TRPGって何だろう?
助手(以下、助):博士!、そもそもTRPGって何ですか?
博士(以下、博):ウム。実に基本的な質問で進行上、非常に助かるんじゃが……。
助 : 「じゃが……」、何です?
博 : そのようなあまりに基本的な事柄の説明は、簡単がゆえに! 至極明確なゆえに、今のワシには答えられん。
助 : そ、そんなこと言わずに……って、もしかして忘れているんですか?
メイド(以下、M):申し訳ありませんが、詳しくは他のサイトの紹介などを見て下さいということです。
博 : うぐ。それを言われると身も蓋もないのお。
マア、TRPGと言うのは簡単に言うと”遊び”じゃよ。ユニークでクリエイティブなホビーのことじゃな。
M : 他に市販の本でも解説されていますし、リプレイ本などでも概要は知ることができますので。
助 : とりあえず検索かけてみて、勉強します。

●それで「福楽会」って?
助 : ”TRPG”については分かりました。じゃあこのサイトの母体である「福・楽・会」って何ですか?
博 : ウム。「福・楽・会」と区切らず「福楽会(ふくらくかい)」でよろしい。正しい名称はホームページに載ってるじゃろ?
M : ただし、いつのまにか略称である「福楽会」の方が、正式名称で通っています。
助 : なるほど、って呼び方はどうでもいいんですよ! ええっと、つまりTRPGの団体なんですよね。
博 : 分かっておるじゃないか。
どのような趣味の世界であっても、それに属する団体が公、私的問わずあるが、この場合は私的な団体ということになるんじゃな。
M : 福楽会の場合、TRPGやアナログゲームのプレイを主たる目的とするサークル(団体)となります。
助 : なるほど〜。TRPGはひとりじゃ、遊べませんしね。
博 : そういうことじゃ。福楽会はその名の通り、福島県は郡山市にある一団体、ゲームサークルということになるかの。
助 : へえ。他にもそういうゲームサークル(団体)ってあるんですか?
M : TRPGは比較的マイナな趣味ですが、人口に比例していくつか存在します。学校の部活動としてあるところも確認されています。
博 : ウム。文化系部活などにおいて、ひっそり生息している目撃例が何件かあるの。
M : それとTRPGを扱うホビーショップや書店をよくチェックすれば、サークルの募集や”コンベンション”の情報を得ることができますね。
助 : あとはインターネットの活用と、TRPG専門誌ですか。分かりました。

●サークルとコンベンションの違いって?

助 : 今、聞いた”コンベンション”って、サークルの活動とどう違うんですか?
博 : ウム。さきほど彼女は特に説明しなかったが、コンベンションもサークルのひとつと数えてよろしい。
つまりは、”TRPGを遊ぶ場を提供する”という意に置いては同じなのじゃが……。
M : しかし、厳密な意味ではTRPGコンベンションは、団体ではありません。どちらかといえばイベントの種類になります。
博 : そうじゃな。
運営に携わる団体があったとしても、コンベンション自体は単にTRPGを遊ぶ場を提供しているイベントに過ぎん。
助 : ええと。よく分からないんですが、もっと細かく教えて下さいよ。
博 : つまりは、公(おおやけ)に開かれているかそうでないかの違い、とも言えるかのお。
M : サークルでのプレイは、参加者をサークルメンバーに限定しているのが普通です。
しかしそのサークルが主催するコンベンションというイベントでは、
メンバー以外の参加者を外部に募る形式が多く、誰でも参加できるというケースがほとんどです。
博 : そう、その通りじゃ。ちとややこしくなるんじゃが、オープン例会とも言うのもあるんじゃ。
これは基本的にサークルメンバーを対象にしておるが、それ以外でも参加可能なプレイのことを言うんじゃがな。
助 : それはコンベンションと違うんですか? な〜んか同じような気がしますよ。
M : 本来は告知の規模や、運営方式やその程度など細かい違いがありますし、何より雰囲気が違います。
博 : だが、今はおぬしの言うとおり、ほぼ違いはないと見てよい。
ようは運営側の意識の差、といえるんじゃないかのう。
M : 旧知のメンバーを対象にしたプレイと、最初から部外者を対象にしたプレイですので、おのずと差が出て当然です。
助 : なるほど。
博 : ウム、その通りじゃ。ではまとめようかの。
TRPGがプレイ、遊べる場所・イベントとしては「コンベンション」「オープン例会」「例会」とおおよそ3つがあるわけじゃよ。
M : もっともオープンに参加者の募るのが「コンベンション」で、
「例会」は原則としてサークルメンバーオンリーで、「オープン例会」はその中間です。
博 : ちなみに「オープン例会」は”セッション”などと呼ばれることがあるのお。
その都合、ただの「例会」は”クローズド・セッション”とも呼ばれたりするの。
助 : はあ。でも呼び方は呼び方でしかないんですし、あとは中身ですよね。
M : そうです。

●参加してみよう!?

M : あと何か質問はありますか?
助 : あとは……参加してみるだけですよね。心構えってありますか?
博 : フゥム。コンベンションにしても福楽会のようなオープン例会にしても、個人の性格に合う合わないがあるんじゃ。
結局のところ、遊ぶシステムや卓のメンバーにも寄るわけじゃしな。
助 : まずは参加してみるしかないというわけですね。
博 : 結局はそうなるかのお。
GMの(シナリオの)当たり外れもあるし、何回かはそのサークル、その場の雰囲気で遊んでみんことには判断できん。
M : では、当サークル「福楽会」について簡単に説明しましょう。
助 : うわ、唐突な!
博 : そう言うな。
M : いいですか(コホン)。まずは対外的な概要はこちらのページに紹介してありますので、そちらをご覧下さい。
現在のところ、毎月例会の平均参加者数は15人前後となっており、遊ばれるゲームシステムは国産の比較的有名なシステムが多いですが、特に偏りはなく、たまに翻訳ゲームなども遊ばれています。
またオープン例会ですので、メンバー以外はもちろん初心者にもきちんと応対いたしますが、前述の通りひとまず参加してみて、雰囲気やプレイスタイルなどを見てみる・体験してみるのがよいかと思います。
より詳しい事柄はメール掲示板にて、ご質問下されば幸いです。
博 : というわけじゃよ。何か質問はあるかの?
助 : えー、じゃあ……あとでメールで。

[▲ページ上部]
☆トップ★初めての方へ★活動方針★掲示板★mixi福楽会 ★リンク